• トラックバック(-)
  • コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チップ 虹の橋を渡りました

3月3日朝、虹の橋を渡り、昨日(7日)に荼毘に付しました。
17歳と1ヶ月の大往生でした。

亡くなった当日、お世話になった病院にお礼とご報告の電話を入れたところ、担当の先生から
「チップちゃんを綺麗にシャンプーしてお渡ししますよ」と思いがけない言葉をいただきました。
お言葉に甘え、お願いし迎えに行ったチップは、お人形のようにかわいくカットされていました。
最期の時になって、まるで一番元気だった頃に戻ったようでした。

その時伺ったお話では、チップは、その病院で看たどの患畜よりも心臓の状態が悪かったそうです。
それなのに、17年間も側にいてくれて、最期まで歩きまわって、
ご飯も、亡くなる2日前まで(ムラはあったけど)自分で食べて、
介護に手がかかったこともあったけど、
それでも、ウチに来た時からず~っと手のかからないチップのまま・・でした。

手がかからない分、他の犬(リリーやオッティやコビィ)と比べて後回しにしたことも多かったね。
ごめんね、チップ。
でも、チップが一番私のことを理解してくれていたよね。
それに甘えてごめんね。

保護犬が入れ替わり立ち替わり来ても、その保護犬に厳しくも優しく接してくれていたよね。
ありがとう、チップ。

今頃は、大好きだったリリーと会えて、走り回っているかな。

※チップと関わって下さった皆様へ

本来なら、お一人お一人にご挨拶をしなければいけないところ、この場を借りてのご報告になったことお詫び申し上げます。
チップを可愛がって下さってありがとうございました。




ご挨拶

Comment form


Comments

Trackbacks

<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。